« 将聖・羽生七冠王 | Main | 職団戦Aクラス残留 »

March 18, 2006

プロ魂を見た

 昨日はB級順位戦の最終局だった。まずは状況を確認しておこう。昇級争いは、まず深浦八段が9-2で昇級確定。残る1つは8-4で空き番の阿部八段と8-3で勝てば昇級の中川七段の二人が争う。深浦ー中川は、深浦は勝っても負けても順位は変わらない。一方、中川は勝てば初のA級と八段昇段がかかる。しかし、負ければ同率頭ハネで昇級できない。いわゆる片懸賞の状態である。しかし、将棋界には自分に関係なく、相手に取っては人生がかかる試合を全力で戦うことが美学とされる「米長哲学」が存在する。
 結果、深浦が勝った。これこそプロ魂か。無念なり中川。そして、序盤3-1で昇級候補と目されていた先崎八段が4-8でよもやの頭ハネの降級をくらった。二人とも米長門下であるのが因縁めいている。週刊文春掲載の「先ちゃんの浮いたり沈んだり」のエッセイはこの悔しさをどう表現されるのだろうか。いずれにしてもこの悔しさを来期にダブル昇級で晴らしてほしい。
 同じようなことが第1回WBC(ワールドベースボールクラシック)で起こった。アメリカーメキシコはアメリカが勝てば準決勝進出、メキシコは勝っても準決勝には進めない。メキシコが勝った場合は、日本、アメリカ、メキシコが1-2で並び、その場合当該チームの失点が順位を分ける。その失点は、アメリカが5点、日本が7点、メキシコは6点ですでに脈なし。アメリカは負けでも0-1なら失点率で上回る。このような状況で結果は2-1でメキシコが勝った。失点は日本とアメリカが5点で並んだ。しかし、日本はアメリカに9回3/2のサヨナラ負けだったその1/3アウトの差が日本2位になったのであった。メキシコは日本に対して何の義理立てもないはずだ。むしろアメリカの大リーグに何人もの選手を送っていることを思えば、むしろアメリカに気を遣う立場かも知れない。しかしプロの魂はそれを許さなかった。
 日本はメキシコの足を向けては眠れない。そして3度目の韓国戦、3タテはなんとしてもやってほしくない。しかしお互いプロの世界、根性だけでは勝てない。強いチームが勝つ・・・・いや、勝ったチームが強い。

|

« 将聖・羽生七冠王 | Main | 職団戦Aクラス残留 »

Comments

こんばんは 通りがかりのエムザオエンです
羽生先生が勝ちました すごい!

Posted by: mzaoen | March 22, 2006 at 08:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86364/9142194

Listed below are links to weblogs that reference プロ魂を見た:

« 将聖・羽生七冠王 | Main | 職団戦Aクラス残留 »